【重要】 連絡用メールアドレスを変更しました。
<aka_cl★akaneya.sakura.ne.jp>
(★は@に変更してください)

>お仕事募集しています。
スケジュールさえ空いていれば大体お受けしています。

連絡事項

ネットに出回っている四コマ漫画などの間違った情報について

ネットに出回っている東方バンザーイの四コマ漫画(2009年8月15日 サークル「東横院」発行同人誌掲載 小林孝之氏(負け組クラブ/ゼファー氏)画)やそれに伴うネットでのデマなどについて、無視したほうがいいとも思っていたのですが今頃になって色々と面倒な事になっているので経緯や詳細などを書き記しました。
http://akaneya.sblo.jp/article/168840182.html
(2015/11/29 簡略化。以前の記事へのリンクは記事の最後にあります)

2015年01月31日

例の四コマの件補足

東方バンザーイでおなじみの例の四コマですが、その合同誌サークルが解散となる前後からなんどか描いてたのですが、改めて時系列などを含めて。

■例の四コマが描かれる
(この時点では茜屋はまだ知らない)

■東横院の方(四コマを描かれた方とは別)から合同誌に誘われ、スケジュールに空きがあるので受ける

■前回作った本です、と東横院の方から本をいただく
(この時点で自分の名前が出ていることを知る)


■何故、合同誌の誘いを受けたか?
たまたまスケジュールの空きがあったため。


四コマをかかれた方と本当に面識がなかったのか?
証明しようがありませんが、漫画内の登場人物のどれも「茜屋を知っていればこう描くはず」という外見ではない、または代理キャラ・自画像などではないという辺りで少なくとも顔を知っているような間柄では無いことがわかります


■東横院自体とは知り合いだったのか?
窓口となった方とは同人関係での知り合いでしたがイベント以外(飲みなど)では会ったりはしないくらいの距離です。 
数年後に東横院が解散になった際に謝罪メールをいただき、その後は連絡が取れず。
解散理由などは知りません。

■なぜ描かれた当時に文句を言わなかったのか?
内容に疑問はあるものの、すでに発行された同人誌に対して抗議をするほどのことではないと判断したのとふたばちゃんねるなどでのトラブルの経験から必要以上に他人との衝突は避けた方がよいと思ったため。

また「この漫画は知らない人に勝手に描かれた」という事は東横院が解散となった時期の前後からSNSやプライベート(酒の席など)などで発言しています。

■結局のところ、東横院や関係者の事をどう思ってるの?
窓口となった方については、ぼっち状態だった私によくイベントで声をかけていただいたり合同のお誘いを頂いたりしてその事自体はありがたく思っています。
四コマを描かれた方についてはこのような騒ぎになってからフォローがまったくないことについては腹立たしいです。
他のメンバーに関してはわかりません。

■本当は四コマ漫画を描いた人と知り合いだったんじゃないの?
■都合が悪くなったから切り捨てたのでは?
「知らない人に勝手に描かれた」以上でも以下でもないので証拠なども用意できませんし、切り捨てるとかもしようがないです。


何度も言いますが、四コマの作家さんとは面識がありませんし、あの四コマの内容のようなセリフを作家さんもしくは窓口となった東横院の方に言った覚えは無いし、勝手に描かれたフィクションです。

posted by 茜屋 at 04:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ