【重要】 連絡用メールアドレスを変更しました。
<aka_cl★akaneya.sakura.ne.jp>
(★は@に変更してください)

>お仕事募集しています。
スケジュールさえ空いていれば大体お受けしています。

連絡事項

ネットに出回っている四コマ漫画などの間違った情報について

ネットに出回っている東方バンザーイの四コマ漫画(2009年8月15日 サークル「東横院」発行同人誌掲載 小林孝之氏(負け組クラブ/ゼファー氏)画)やそれに伴うネットでのデマなどについて、無視したほうがいいとも思っていたのですが今頃になって色々と面倒な事になっているので経緯や詳細などを書き記しました。
http://akaneya.sblo.jp/article/168840182.html
重要な事ですが漫画を書いた人とデマの流布などをした人は別です。 関係者への誹謗中傷などはおやめください

2015年01月31日

つづき

また、今回の件について色々な方からお話を聞いた際にかみ合わなかった点や後からいただいた問い合わせなどに対していくつか。
 
■同人ゴロと呼ばれている件に関して
今、ネットで「同人ゴロ」と呼ばれる行為に関しては元々は「イナゴ」と呼ばれる行為を含む、二つの意味がある物だと思います
自分のサークルは長いことほぼ東方ジャンルのみで活動していたのですが東方ジャンルで活動してすぐ辺りに言われ始めました。
東方以前はふたばちゃんねるの二次元裏(現img鯖)にてイラストを投下(この時期の同人活動については後述)、また初音ミクが発売されてすぐの頃(今のように様々なオリジナル楽曲や派生キャラや設定などが生まれるブームが起きる前)に同人誌を一冊(100部)と缶バッジの作成(50個×2種)
2013年に艦これを始めるまではこのような感じでしたので、これがイナゴと呼ばれるものに当てはまるかどうかはわかりません・・・
 
ほかにゴロと言われる原因としてよく挙げられていたのは、手広く全国で販売されていたり個人では制作が難しいと思われるグッズのイラストを描いていた事についてが多かったと記憶していますが、これらのほとんどは依頼されて描いたお仕事であり、私には原稿料くらいしか発生していません。(詳しくは後述)
 
他に東方から艦これに乗り換えたなど言われている件は、根拠としてpixivに投稿されたイラストを挙げる人が多いですが、実際には艦これを描き始めた以降も自サークル発行物・依頼イラスト漫画ともに東方は描き続けており、イベントのオンリーにも参加を続けています。
そして私は描いたイラストをすべてpixivにあげているわけではないのでそこだけを見て活動を決めつけられても困惑するばかりです・・・

元々ずぼらな性格の為、Twitterでしか活動を告知しないことが多かったのでその点では本当に申し訳ありません・・・
他、原因がわかれば改善などもできると思うので指摘していただければと思います。
 
 
■過去に私がかかわっている東方グッズなどに関して。
全国のショップなどで販売されていた私のイラストの東方フィギュアやラバーキーホルダーや下敷き、また秋葉原などの自販機で販売されていた缶ジュースなどは私が個人で制作したものではなく依頼を受けてイラストを描かせていただいたものであり、またちゃんと版権などの手続きを行った上で制作されていたものです。 
(同人ショップ依頼のものに関しては違うものもあると思います)
メーカーと組んで制作をしている、という噂を流す人もいますが、あくまで依頼を受けて描いたというだけですので私のほうはせいぜいサンプルや試作品を頂くことや他に金銭については原稿料くらいしか発生していません。
組んでいたらもうちょっと自分の趣味に偏ったキャラクターのフィギュアなどを出してもらっていたと思います・・・リグルとか
 

■2008年前後にニコニコなどに表示されたグッズ広告について 仕事でお受けしたイラストの商品を扱ったあみあみさんの広告であり、私はそれ以上の詳細はわかりません。
また、それ以外の広告に関しては確認していないのでわかりません。

■Amazonでの自サークル制作物の販売
これは第三者が頒布時の価格に上乗せしたものを販売していると思われるものであり、詳しい内容に関しては各自でマーケットプレイスについてお調べください。
自サークル製作物以外の物も置かれていたようですが、こちらに関してはマーケットプレイスのものなのか、クライアントさん側の出品なのかはわかりません。
 
 
■自サークルのグッズ製作規模
シリーズもののアクリルキーホルダーやメタルチャームなどは大体30〜40個制作して2割〜5割は友人知人お隣のサークルさんなどに配り、残りは数か月かけてイベントでのんびり頒布するというペースで行っています。(キャラの人気やイベント規模などで変わってきますが)
滅茶苦茶数を作ってるとか言われていますが大体はこのくらいの規模です。
暇な方は丸一日スペースを眺めていればわかると思います。
製作費や仕様など詳しい情報については「アイテム名 制作」などで調べれば出てくると思いますので頒布価格と原価を比べてもらえればお金儲けなどが誤解である事がわかってもらえるかと・・・
 
※追記
ショップ委託で儲けているのでは?(ショップ委託はイベント頒布価格より高いため)という意見を頂きましたが
同人ショップさんへ預ける場合は基本7掛けですので一見、イベント頒布価格より高く見えますが実際はイベント価格より低い額でショップさんへ預けています。
アクリルキーホルダーの場合はイベント頒布価格500円に対してショップさんへは650円で設定していますが7掛けとなるので実際には×0.7で455円であずけていることになります。
 
追記
生産数のソースはこのような感じです。
CCswO_BUUAAJnxyCCswO-3UkAAMDZC

そして盛況だったオンリーイベントが終わったあとの在庫はこのような形です。
CDqZQv_UsAEqrEZ.jpg large
グッズは売れる!というイメージを持っている方は多いとは思いますが、現実は大体このような感じです。
勿論、タイミングなど次第では一つのイベントで30個全て無くなる事も希にありますが、本当に希であらかじめ予想したりできるようなものではありません。
 
 
■グッズしか作っていないグッズサークルなのでは?
イベントスペースを見てもらえればわかると思いますが本もちゃんと作ってます・・・
イベントのジャンルや規模にもよりますが、新刊既刊含め毎回大体4種類前後持ち込むくらいには作っています。
akaneya
参考:2015 例大祭
 
 
■「ネタ具と組んでふたばちゃんねるのネタを使って金儲けをしていた」という噂
自分がふたば二次元裏(現:img鯖)にいた時にネタ具現化委員会さんとふたば関係で金銭が発生する事をしたのは、宙出版さん発行のOS娘ムックの時のイラスト依頼(いぬてぃ)の仲介を受けた事のみです。(報酬は宙出版さん)
また、個人の原型師さんがソナタ先生のガレージキットを作った際に原型師さんを紹介していただきましたが、こちらは金銭は発生していません。

他にふたば関係で金銭が発生するものではネタ具さんは一切関係ない私個人の同人活動ですが、こちらはふたばオンリーイベントへの何度かサークル参加して内容はうろ覚えですがコピー誌(50部くらい?)、大婆様ゆのみ(50個+再版50個)、びす坊95とっくりゆのみ(50個)、他に余所のサークルでゲスト漫画、ラミカ作成くらいです。
ゆのみととっくりの製作は陶器つくろう.comさんにて。コピー誌やラミカは手作りです。
この量の製作・頒布で利益が出るかどうかはお調べください。

これ以外ではネタ具さんのふたば関係のアイテムがSD絵のものが多かった為そちらのイラストレーターさんを私と勘違いしている人が多いです(OS娘関係のフィギュアや下敷きなど)
他にふたば関係の依頼絵・自主制作物ともに「こういうのを作ってたんじゃないの?」というものがある場合は画像など詳細をお知らせください。
第三者に勝手に名前を使われた可能性があります。(後述)
 
 
■「ふたばちゃんねるで自分の作ったキャラクターをゴリ押しした」という噂
vista擬人化の事でしょうが、自分が描いた「びす坊」の数は2年で約20枚とそんなに多くはありません。
私が「他の人の描いたvista擬人化を攻撃してた」と言う方もいましたが、実際には普通に他の方のvista擬人化も結構描いています。元々他の方のキャラを描く方が好きなので・・・(人気が出る前の大婆様、初期のwe、NT、97などをよく描いていました)
他にmugenでびす坊のドット絵も描きましたがこちらはあくまで虹格スレ内での活動で私が関わっているのはドット絵のみです。
 
 
■そういう事言ってまた東方に戻ってくるだけでは?
戻るも何も、元から東方で活動をし続けています。
東方を捨てたといわれている2014年でいえば自サークルでは例大祭、秋季例大祭、紅楼夢、コミケ、他では友人のゲストやお手伝いや名前を出せる範囲では博麗神社例大祭社務所さん、銀符律さん、混沌符さん、黄昏フロンティアさんの収集荷取、vita東方テーマアイコンなどで活動しています。
これで活動が少ないと言われるのであれば申し訳ありません、自分の執筆速度ではこれでいっぱいいっぱいです。

参考:circle.msでのイベント参加申し込み履歴
・艦これプレイ開始以降のコミケ
・・艦これプレイ開始以降の東方オンリー


2015年の東方の新作や黄昏さんの新作の題材が当サークル的にはツボに入っているものなので(兎・月関連、妹紅の追加など)東方の比重が多くなるとは思いますが、この辺は当サークルが過去に出した本やグッズの傾向からわかってもらえるかと思います。
 
■pixivで東方絵ばかりあげるようになって、東方に戻ってくる準備をしているのでは
別に東方での活動を辞めていた・再開したということはないというのは前述の通りですが、今回の件があってから「あげ忘れていた東方絵をHDDから発掘次第なるべくpixivに挙げるようにしている」だけです。
この事についてはイラストの本文に過去絵であることを記入しています。
 

■艦これイベントが閑古鳥なので東方に戻る準備をしているのでは
特にイベントでの売り上げなどで活動するジャンルを決めているわけではないと言いますか(活動しているジャンルがいわゆる人気ジャンルであることが多いので説得力はないでしょうが……)、かれこれ二年近く艦これで活動していて特にイベントでの当サークルの規模はそんなに変化はないので、売りあげが下がったなどそういった理由で今更活動をやめるやめないなどは無いです。
別の理由でならあるかもしれませんがそれは別に艦これに限ったことではなく他のジャンルでも一緒です。
とりあえず今のところは秋口までは艦これのオンリーイベントに申し込んだりしています。
 
■Twitterのアイコンを東方以外のものにしてるのは東方を捨てたという事では?
Twitterのアイコンはその時々にハマっている作品から懐ゲー作品や動物までジャンル問わずちょくちょく変えますが、Twitterのヘッダーと背景画像はもう長いこと東方のままです。
そのうち変えるかもしれませんし、わざわざ言う事でもないでしょうが念のため。
 
 
 
■言い訳に必死だな
誤解を解くための説明が中心なので、たしかに必死といえば必死です・・・
ただ、誤解でない点があれば謝罪・改善などしていきますので教えて頂けると助かります。
 
 
こういったことをわざわざ説明するのは余計な事ではあると思うのですが
情報が変な方向に独り歩きしてしまっていることと、また実際に実害がでていること(イベント突撃や殺害予告など)や自分以外の人にも迷惑をかけてしまっていることもあり、放置していることはよくないと判断しました。
 
質問などの内容は変なところは妙に詳しいのに肝心なところの情報が間違っていたり、そのいびつさに疑問が感じられますが大体はこのような感じです。
 
また、上記の理由にもかかわらずわざと間違った情報を流したりあることないことを広める人もいるのでそういったものには注意してください。
参照:http://nmatome.yu.to/
このURL先の内容は年単位でおこなわれていたものの一部です。
私に関しては同一人物かははっきりとはわかりませんが2005年から数年にかけて二次元裏板(img鯖、may鯖)とネットキャラ板にてこれと酷似したやりかたでなりすまし、デマ、勝利宣言など行われていました。
2007年頃に二次裏から離れたのでそれからどうなったのかはわかりませんが、まとめサイトを見る限りでは離れた2008年以降も続けていたみたいですね・・・
現在も続いていた場合は10年越しとなるわけですが、そうでないことを祈るばかりです。
posted by 茜屋 at 01:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Powered by さくらのブログ